英語の学習に要する所要時間と期間について。短期間に楽して英語を身につける方法は無い

study-period

英語の勉強をしていると、なんというか道程が果てしなく長く思えて、ゴールに全然辿り着けそうにない感覚を覚えることがありますよね。

まぁ、私がそうだったんですが

私も英語の勉強の初期段階では、いつになればちゃんと英語が使いこなせるようになるんだろう、とか不毛なことをつい考えてしまっていました。

英語学習には時間がかかる

英語の学習には時間がかかります。

これはもう大前提です。

設定するゴールがどのようなものであるかにもよりますが、自分自身で英語ができるようになったと実感できるレベルに達するまでには、年単位のスパンで勉強する覚悟を持たなくてはなりません。

なぜならば、言語の習得に必要なのは慣れだからです。

そして、慣れは時間をかけて反復することによってのみ得られるものです。

どんな言語でも言葉は膨大ですから、使える言葉を増やしていくためにはその分時間をかけて慣れなければなりません。

覚悟を決めて、気長にやらないと身につかないということですね。

教材をひとつ終えるのに数か月かかる

例えば、英単語帳にしてもそうですが、一冊の英語学習本を最後までやりきるには、通常数ヶ月かかります。

もちろん、一日に何時間も集中して時間をとることができれば、もっと早くこなせるかもしれません。

しかし、大抵の人はスキマ時間をみつけてその中で勉強をこなしていかなければならないわけですから、当然、ある程度の期間を要することになります。

しかも、一冊の本だけで英語力を総合的に伸ばすことは現実的ではありません。いくつかの教材を段階的に使い分けることになります。

すると、トータルでみれば必然的に年単位の期間が必要になってくるわけです。

簡単に英語を上達させる方法なんて無い

楽に英語が話せるようになりたい、というのは、英語学習者であれば誰もが一度は抱く願望であると思います。

まぁ当然ですよね。楽したいですもんね。

では、短期間で楽をしながら英語力を劇的に向上させる夢のような方法はあるのでしょうか。

結論から言って、そんなものは無いというべきでしょう。

誰もがそんな夢のような方法があれば良いなと考えるのですが、無くて困っているからこそ、逆にそういう宣伝文句で釣ろうとする教材や広告がでてくるのです。

巷で喧伝される夢のような教材の正体

巷には、色とりどりの宣伝文句によって、まるで素晴らしい発明であるかのように煽り立てられた教材というものが存在します。

〇〇式勉強法とか、△△メソッドとか、たまに聞きますよね。

そういった教材は、大抵が金額的にも結構値が張ったりするんですが。

私は、そうした教材が、必ずしも内容の薄い詐欺のような教材であるとは思いません。

実際、教材の分量としてはそれなりのボリュームが用意されているものも中にはあるでしょう。教材の制作者がかなりよく考えてテキストを作成している場合だってあると思います。

しかし、それらは、入口段階で宣伝されていたような、夢のような効果をもたらす画期的な教材ではないというのが現実なのです。

良い教材ではあっても、夢のような教材ではない

内容がたとえ真面目に作られていたとしても、所詮は真面目に作られた教材というべきです。

その教材を使うことで驚くほど短期間に英語を習得できるわけでもなければ、信じられないくらいラクに楽しく英語を身につけられるわけでもありません。

ためしに気になる教材を購入してみて、内容をさらっと一読してみれば分かると思います。

やらないといけない勉強内容は、結局大量に用意されているのです。

しかも、まともな教材であるほど、時間をかけて勉強をしないといけない作りになっています。

その意味では、普通に市販されている書籍等と特段何も変わらないのです。

そうであれば、わざわざ高価な教材をあえて購入する必要はありません。

結局、短期間で容易に英語を習得する方法を探し求めても、そんなものは現実の世界には存在しないのです。

そのような都合の良い教材は、その教材の宣伝担当者がつくった広告PRのセールストークの中にのみ存在する空想上の産物でしかないということです。

腰を据えて勉強する覚悟をもつ

英語の勉強には時間がかかるものである、ということをまず最初に肝に銘じておかなければなりません。

なかなか上達している実感を持つことができなくても、勉強を継続している限りは必ず成長しているものです。

効率的な勉強法とは、必ずしも楽な勉強法ではない

とはいえ、勉強には、確かに効率的な方法というものは存在します。

それは、設定した目標に対して最短距離でアプローチしていく計画立てされた勉強方法です。

無駄な回り道をしないという意味では最短距離ですが、だからといってその道程が楽であるというわけではありません。

設定した目標が現状と離れて理想的であればあるほど、相応の努力と時間は必要となるのです。

英語の勉強においては、自分が何をしたいかによって、やるべき勉強というものが変わってきます。

例えば、受験に合格するためだけを目的として英語を勉強するのであれば、受験英語の対策だけをやるのが最も効率的であると言えるわけで、英会話の練習などは無駄な回り道であると判断されます。

一方で、実用的な英語力を身につけたいと考えれば、想定しうる英語の使用場面を明確にイメージしたうえで、それに対応するための読解力なり会話力なり、必要な能力を磨いてゆく必要があります。

まずは目標が設定され、それに到達するための計画に基づき策定された無駄のない最短最速の勉強法こそが、効率的な勉強法なのです。

そしてそれは、楽であるとか、短期間で達成可能であるとか、そういうことを意味しているわけではないのです。

長い勉強の過程で脇道に逸れないように

効率的な勉強を進めていても、どうしても長期の勉強となりがちな英語学習においては、眼前の勉強から逃れさせてくれるかのような様々な甘い教材の誘惑に心を惹かれそうになることがあります。

しかしながら、多くの場合、その甘い誘惑そのものが無駄な回り道となって、結果として英語の効率的な上達の妨げになってしまいがちです。

英語を短期間で楽に上達させてくれるような夢のような教材は存在しません。

それを肝に銘じ、いまやるべき勉強を着実に進めていくことが、英語の上達にとって一番重要なことなのです。

英語力は大きなアドバンテージとなる

逆に考えれば、上達に時間がかかるからこそ、一生懸命に取り組んで英語力を身につけることができれば、それが強力な武器になるのです。

他の人が同じように英語力を身につけようと思っても、やはり同じだけの長い時間がかかります。

そういう意味では参入障壁が高く、先んじて取り組んでいれば覆すことの難しい大きなアドバンテージを持つことのできる分野です。

覚悟を決めて、地道に英語を身につけましょう!

そうすれば、思っていた以上に世界は広がり、貴重な強みを得ることができるのです。