クレジットカードなんて要らない! 買い物には超便利なVISAデビットカードを使うべき

visa-card

クレジットカード使ってますか?

私は使っていません!

諸々の事情から複数のクレジットカードを所有してはいますが、全く使用はしておらず、毎月の引き落とし額は正真正銘の0円です。

その代わりに私が使用しているのが、VISAデビットカードです。

正直、このVISAデビットカードさえあれば、クレジットカードなんて世の中に存在しなくても私は全く困らないと思っています。

デビットカードって何よ?

すでにご存知かもしれませんが、デビットカードにあまり馴染みがない方に向けて、まずは簡単にデビットカードとクレジットカードの違いをご説明しておきたいと思います。

使うとすぐにお金が引き落とされる

デビットカードというのは、使ったらすぐに口座から現金が引き落とされるカードです。

1ヶ月後くらいにまとめて請求がくるクレジットカードと違って、デビットカードは使ったらその都度お金が減っていくのが特徴ですね。

利用限度額は銀行口座の残高まで

デビットカードでは、銀行口座の預金残高の範囲内で支払いができるようになっています。

クレジットカードと違って利用限度額というものがありません。

銀行口座の残高がそのまま利用限度額みたいなものですね。

このため、銀行口座にお金が無いと、デビットカードを使うことはできません。

クレジットカードと同じように使うことができる

デビットカードは、クレジットカードと同様にVISAやJCBといったブランドがついています。

そのため、お店での買い物やネットショッピングでも、クレジットカードと全く同じように使えるんですね。

Amazonの支払いにも使えますよ!

現金を引き落とされるのは、すぐじゃなくて後の方が得なんじゃないの?

さて、デビットカードは使用すると現金がすぐに引き落とされますが、クレジットカードは後で請求がきます。

だったら、引き落としは後の方が得なんじゃないの? という疑問も出てきますよね。

そんなことないんです!

使ったお金はすぐに引き落とされた方が良い。私はそれを生活の実感として確信しています。

なぜでしょうか?

請求にタイムラグがあると、収支がわけわからなくなる

クレジットカードって請求が後からくるじゃないですか。

そうすると、銀行口座の残高がいつもクレジット支払い前の金額なんですよね。

つまり、買い物した金額が反映されていない!

そのため、仮に口座に50万円の貯金があっても、クレジットで10万円のお買い物をしていたら、本来あなたの手元に残っているはずの金額は40万円なわけです。

分かりづらい!

いちいち計算しないといけない!

純粋な自分のお金がいくらなのかが分かりづらくなっちゃう点で、クレジットカードってすごく不便だと思うんです。

お金は収入の範囲で使うのが大原則

そもそも、お金というのは収入の範囲内で使うべきです。

月の給料が20万円であれば、1ヶ月に使ってよいのは20万円までです。

貯金をしようと思ったら、使えるお金は給料の金額よりももっと少なくすべきですね。

こうした場合、デビットカードのように、使ったお金が都度ちゃんと引き落とされているのであれば、その収支のコントロールがし易いわけです。

いま、お金がいくら残っていて、今月の収支がプラスなのかマイナスなのかが一目で分かるからです。

でも、クレジットで支払いにタイムラグがあると、それが分かりづらい。

結果として、お金を使いすぎてしまうような事態に陥ってしまうのです。

デビットカードはお買い物での普段使いに便利

最近はネットショッピングだけでなく、コンビニやスーパー等の実店舗でもカードで支払いをすることができるようになってきました。

そうなると、カード1枚持っていれば、現金を持ち歩く必要はほとんどなくなってきます。

これ、すごく便利です。

まず、お財布がかさ張らないのでスマートです。お釣りとかも無いので小銭もじゃらじゃらしません。

また、デビット払いはクレジットと同様、全て履歴が残りますので、何にいくら使ったのかを後で振り返ることができます。

これ、現金には無いメリットですよね。

そのうえ、デビットであれば、口座にお金が入っていれば、クレジットカードのように毎月の限度額を気にすることなく自由に使えます。

まさしくデビットカードは現金感覚で使えるわけで、こうした利便性を考えると、現金で支払いをするメリットってもう無いなーと思ってしまいます。

実際、私は、お財布の中に現金はほとんど持たず、日常生活の大部分の支払いはデビットカードで済ませるようにしています。

海外旅行にも便利

海外旅行をするにもVISAデビットは便利です。

まぁこれはクレジットと変わりませんけど、カードで支払いをすれば現金を両替する必要が無いのでやっぱり便利ですよね。

海外では日本よりもカードが使えるお店が多いですし。

現金が必要になったら、カードを使ってATMで現金をおろすこともできます。

もはや、海外旅行の必需品です。

どこのデビットカードを作るのがよいのか?

デビットカードは、以前は一部の銀行しか取り扱ってなかったのですが、最近では取り扱う銀行も増えてきました。

特に、メガバンクがデビットカードを取り扱い始めたのは大きいですね。

多くの人は、メガバンクのいずれかに1つくらいは口座を持っていると思いますから、お手持ちの口座でデビットカードを作ることができるのです。

もし対応する銀行の口座をお持ちでなければ、仕方が無いので新しく口座を開設しましょう。

正直、デビットカードはサービスとしてはどこもそんなに差はありませんので、すでに口座をお持ちの銀行であるとか、近くに支店のある銀行でカードを作れば良いと思います。

ちなみに私は、三菱東京UFJ銀行のVISAデビットを使っています!

三菱東京UFJ銀行

メガバンクの中では一番はじめにデビットカードの取り扱いを始めた銀行です。

信頼のVISAブランドのデビットカードです。

年会費は、1,080円(税込)かかることになっていますが、以下の場合には無料になります。

  • 初年度は年会費無料
  • 前年1年間の利用額10万円以上の場合は年会費無料
  • 年会費請求月の月末時点で23歳以下の場合も年会費無料

私の場合は、日常の買い物もネットショッピングも全てこのVISAデビットでやっているため、年間利用額が毎年余裕で10万円を超えます。

そのため、これまでに年会費を支払ったことは一度もありません。

なお、三菱のVISAデビットでは、ショッピング利用額の0.2%が毎月キャッシュバックされます。

私はこの手のキャッシュバックについては全くこだわりが無いので、おまけみたいなものかなーと思っています。

三井住友銀行

三井住友銀行も最近デビットカードの取り扱いを始めました。

こちらも信頼のVISAブランド。

さらに、年会費は無料で、キャッシュバックも0.25%あります。

サービス内容を単純に比較したら、三菱東京UFJよりも断然、三井住友ですね。

あとは、自分のメイン口座がどこかとか、近くに支店があるかどうかで判断すると良いと思います。

私の場合、三井住友銀行に乗り換えればキャッシュバック率が0.05%分上がるのですが、給与口座が三菱東京UFJ銀行であるのと、乗り換えの手続きが面倒くさいので、いまのところあえて乗り換えるほどのメリットは感じていません。

みずほ銀行

みずほ銀行も最近デビットカードの取り扱いを始めました。

こちらはJCBブランドのデビットカードです。デビットはVISAブランドが大多数を占める中で珍しいです。

みずほも年会費は1,080円(税込)かかることになっていますが、以下の場合には無料になります。

  • 初年度は年会費無料
  • 「みずほJCBデビット」を年1回以上ご利用した場合は年会費無料
  • 23歳以下の場合も年会費無料

年1回使えば良いので三菱東京UFJよりも条件が緩いですね。

キャッシュバックは0.2%です。

また、このカードに特徴的なのが、デビットカードでありながら旅行傷害保険(国内・海外)が最大3,000万円ついているところです。

旅行代金をこのデビットカードで支払うことで、クレジットカードのように旅行保険を利用することができるのです。


以上、メガバンクがデビットカードの取り扱いを開始したことで、デビットカードはぐっと身近なものになりました。

使ってみたらとても便利ですし、お金の流れも管理しやすいので、ぜひ利用してみることをおすすめいたします。